仮想化基盤の工程と見積

###Site Name###

仮想化基盤は主に3つの工程で行われることが多いです。1つ目は見積もり、仕様作成、2つ目はバックアップ、データ移行、3つ目は移行作業及び確認です。

Ameba Newsの情報をお届けします。

見積もり、仕様作成については現状のシステムを把握し、新システムへの意向を聞いた上で最適な解を提供することになりますが、コスト削減のためにクラウドを利用する場合も増えています。



物理的なハードウエアで構成する場合が多いですが、既存のアプリケーションが動作するなら仕様を問わないという案件の場合はクラウドを利用した仮想化基盤となるケースも多いです。



バックアップとデータ移行については仮想化基盤上にOS等を設定した後で行われますが、既存のシステムから書き換えないデータを早めに移行しておく作業を行う場合があります。このデータはテストでも利用され、本可動の前にさまざまなチェックと利用にあたってのトレーニングが行われます。
チェックについては動作の確認の他、負荷時の対応なども行われることが多く、トレーニング時間を多めに取る企業も増えています。

移行作業についてはデータ以外の移行をしますが、システムを止める時間を最小限にするために作業が行われ、稼働テストを経てそのまま本稼働に向かうケースが多くなっています。
クラウドを利用する場合にも同様な手段が取られます。

仮想化基盤はリソースの最適な設定が重要ですが、テスト稼働である程度の情報を取得しておき、自動化スクリプトでサポートさせるのが一般的となっています。