仮想化基盤のメリットを引き出す機能

###Site Name###

仮想化基盤は一つのハードウェア上に仮想化のためのソフトウェアを挟み、複数のOSを平行動作させることで一つのOSに一つのアプリケーションというメンテナンス性を保ちつつ、ハードウェア資源を有効に利用する技術です。

この方法であれば一つのアプリケーションを更新する場合でも他のアプリケーションの動作しているOSを停止させることなく作業が行えます。

しかし、アプリケーションやOSで障害が発生した場合はアプリケーションの動作が停止する点は解決されていませんでした。



そこで新しい技術としてハイパーバイザーと呼ばれるソフトウェアが生まれました。ハイパーバイザーはハードウェアにインストールされている複数のOSを管理する機能を持った仮想化基盤です。


また、同時にハードディスクなどの記憶媒体はサーバーから取り出し、一つの巨大なストレージとしてネットワークなどで接続します。

エキサイトニュースはとても人気があり、興味深いです。

このストレージを共有したハードウェアを複数用意することで冗長化をさせます。


するとあるハードウェア上のOSで問題が発生した場合、ハイパーバイザーが別のハードウェア上にある同じOSへ動作を移譲し、同時に使用中のメモリ領域などの内容もコピーします。



ストレージの接続先は同じなのでそのまま継続させることで障害が発生してもシステムを停止させることなく切り替えることが可能となりました。


仮想化基盤だけに限らず、仮想化技術はハードウェアの無駄を減らしたり、障害で停止することの無いシステムを実現したりと現在も新しい利用法が生まれています。