仮想化基盤が確立した背景

###Site Name###

コンピュータやインターネットを中心としたシステム全体を仮想化する技術が進歩し、現在では仮想化基盤という技術として確立されています。仮想化と聞くと、何をイメージするでしょうか。
何となくのイメージはあったとしても、実際には何を指すのか分からない人も大勢いらっしゃることでしょう。

これを一言で言うと、現実には存在しないものを、あたかも存在しているかのように見せる技術だと言えるでしょう。かつては仮想化基盤というものは必要とされませんでした。

一台の大きなコンピューターがあり、それに多くの人がネットワークで接続していたのです。
しかし、その一台だけで処理ができなくなってくると、小さいコンピュータで役割分担をするようになったのです。



そうやって、処理能力を上げていったと言えるでしょう。

このようにして分散することは非常に魅力的だったのですが、コンピュータの処理能力が上がってくると、逆にそれは煩わしいものとなってきました。

Yahoo!知恵袋のことなら、こちらをご参考にしてください。

というのも、多くのコンピュータは、それぞれが忙しいときだけ働いて、それ以外の時にはほとんど働いていないという状況が起こったのです。

Nutanixをしたいと言う願いにお答えするサイトです。

それならば、空いた時間にほかの処理をさせる方が良いと考えるのは自然なことでしょう。結局のところ、一台の大きなコンピュータの中に、それぞれの役割を持たせた小さいコンピュータを作った方が、作業時間を効率化できるようになったのです。


このような技術のことを仮想化基盤と呼びます。